2008年12月20日

~final season~ 〔Cam On〕

最終回。

路地を歩いていると
rogi.JPG
ビールビールを飲みながらリラックスしてる
40代後半位?の日本の旅人と出会う。

彼は日本で働いてお金が溜まったら
旅に出てアジアを中心に滞在する生活を
20年近くやっているらしい。

結婚とは

人生とは

ジャーナリスト長井さんとの生前の話

某監督の国際映画祭受賞前のベトナムでの話。


・・色々話を聞かせてもらって、
気が付くと3時間が経っていた。

彼自身は
「これだけ色んな世界を見させて貰ったら
いつ死んでもいい」
と冗談交じりに言っていた。

しかし、顔は凄く達観しきってて幸せそうで
満更冗談でもないんだろうなぴかぴか(新しい)

日本にいたら出会う事も無かったであろう
旅人の話は
とても経験豊富で、聞いてるだけで
凄く興味深かったなグッド(上向き矢印)


旅人と別れを告げ、観光っぽい事を
あまりしてないなと思い
ホーチミン像を見に行くダッシュ(走り出すさま)


同じく一人でいた中国系の男性に声をかけ
お互いホーチミン像とのショットカメラを撮り合う事にした

中国系男性は親指を突き立て、満面の笑み。

どうやらいい写真を撮ってくれたみたいだ。


どれどれ・・
hochiminh.JPG
あのー、ホーチミンさんの「足」しか
写ってないんですけど・・・爆弾

まっ、いっか。



そのまま町を歩いてると、お洒落な雑貨屋さん発見。

この店、天井がかなり低く
腰を曲げてじゃないと歩けない。

なんで、こんなに低いんだ??
zakka1.JPG



え?

分かりにくいって?


ひとり旅で困る事は
『引き』の写真。

上の写真を撮った時点で、
店員さんにこいつは
観光スポットでも何でも無いこここで

なんで写真撮ってるんだ?って怪訝な顔をされているモバQ


しかし、ここを読んでくれてるみんなに
この低さを伝えたい&
天井低い=宇多田ヒカル


俺の中で昔から

天井低い=宇多田ヒカル

って公式がある



みんなも見た事あるかな?

1番サビ(1:28〜)を見てくれ。



どうだい、腰痛になっちまいそうな位
低く感じるだろ?(笑)


こっちは、リアルに頭天井に付いてる
automaticオマージュ作品
zakka2.JPG
photo by 苦笑する現地のお姉さん


帰国の時間がやってきて
タンソンニャット空港へ飛行機


スッチーがアオザイブティック着てます
aozai.JPG

日本人からすると、凄い意味に感じる看板だぜあせあせ(飛び散る汗)
kosakuin.JPG


やっぱ最後はバイク写真でしめよう。

レディース?(笑)
ladies.JPG



信号無いのにどうやって渡るんだ?
bike_tairyou.JPG




この『男磨きの旅(ベトナム編)』


男磨きっぷりをちょこっと書こうと思って
始めたこのシリーズ


書き始めるうちに、どんどん思い出して行き
当初の予定を大幅に超える全20話に!

男磨きが出来たかは疑問が残る所だが(笑)
最後まで読んでくれたあなたに・・・


Cam On!(カム・オン=ありがとう)


posted by ひろのすけ at 21:12| 男磨きの旅(ベトナム編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。